<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

芸術の秋です


(2017年09月29日)

 現代手工芸作家協会の公募展に入選しました。

 作品は陶磁器で、「歓喜の白路」と「豊かな実りの秋」の2題です。春と秋の風景を、
壺とランプシェードで表現しました。11月1日から8日まで東京・上野の都美術館で展示されます。
ご高覧いただければ幸いです。

c0351791_15152598.jpg



 爽やかな秋空が広がっています 101.png
        (2017年09月28日)

 雲一つない、広い、広い青空が広がっています。東京郊外の穏やかな秋日和の昼下がりです。175.png
2泊3日の 「四国まんなか千年ものがたり」の旅を終え、前夜、帰宅したばかりで、旅の思い出に浸りながら、疲れた体をリビングのソファーに休め、まどろんでいた時です。ふと、脳裏をかすめたのが、
 <私の人生も「思秋期」真っ只中・・><頑張らないと、寒い冬がやって来る>

往々しい四国の大自然とたゆみない人々の営みに触れたからでしょうか。

旅で巡り会った同年輩の友が何とも愛おしく、早速、お礼の絵手紙を描きました。

  忍び寄る人生の秋に向って、お互いに------------------。178.png

さぁ、これからは「一期一会」を大切に、ますます充実した時を重ねていきたいものです。

c0351791_12554882.jpg

c0351791_12544779.jpg

作品展が始まります 
c0351791_08583675.jpg

c0351791_09001325.jpg



 幼くして母を亡くしたシンデレラは、母からの「勇気と優しさを忘れないで」という教えを守り、まっすぐな女性に成長した。

 そのシンデレラの人生は決して平坦なものではなく、父親が再婚した継母と義姉妹から冷遇される日々で・・・・。その中でもお母さんの教えを守って、健気に生きるシンデレラは、魔法使いのお婆さんや動物たちに助けられ、未来を切り拓いていく。

 永遠のラブストーリィーといわれる「シンデレラ」だが、もう一つ、見方を変えれば「子どもの成長」物語として、またとない”バイブル”ではないでしょうか。

 今回の作品展「山口咏子ポーセレンアート展 ーいま 家族があったかいー」では、「赤毛のアン」とともに、この「シンデレラ」も作品化し、日本の伝統的な家族のあり方(当ブログ既編集)を考えるとともに、この西洋の物語も、「家族」を考える判断材料にしました。

c0351791_11311233.jpg

c0351791_16434681.jpg
タテ 37㎝   ヨコ 45㎝

「優しさと勇気を忘れないで」お母さんの遺言のことばはシンデレラの生きる指針に。森の動物たち
も心配そうに見守っています。

高さ43㎝×幅50㎝

c0351791_17470148.jpg





小鳥と戯れるシンデレラ

高さ30㎝×幅24㎝高さ
c0351791_07522279.jpg


愛を育む王子様とシンデレラ
高さ27㎝×幅24㎝
c0351791_10205268.jpg


いざ、宮殿へ

馬車一式  高さ30㎝×幅80㎝
c0351791_10174335.jpg

シンデレラの人生を花と蝶々で辿ってみました

タテ27㎝ ヨコ30㎝
c0351791_15245743.jpg


<私からのメッセージ> 少子、高齢社会を迎えて、児童虐待や育児放棄の問題が深刻化している。その背景には、ひとり親や、共働きが増え、国際結婚など家族が多様化していることが考えられる。

 しかし、わが国には、いにしえの昔から美しい四季の移ろいの中で、子どもの成長を願い、家族の幸せを祈る、祝い事や年中行事があった。

 遠い西洋でも、子どもの成長をテーマにしたおとぎ話や童話は、「シンデレラ」や「赤毛のアン」にみられるように、常に文学やエンターテインメントの中心になってきた。

 子どもたちの育ちや自立には、重要な特定の大人が損得なく、関わり続けていくことが大切。「子どもたち一人ひとりをあたたかく抱きしめる。手を差し出せるのは親とは限らない。」これが私からのメッセージです。

[PR]
by matyan753 | 2017-08-13 16:44 | 作品展 | Comments(0)

連日の猛暑に一息

   (8月12日)
c0351791_11441067.jpg




[PR]
by matyan753 | 2017-08-12 11:54 | 季節の絵手紙 | Comments(0)