「大人の夏休み」

 緑豊かな白馬の高原で、自然を満喫し、ホテルライフならではの優雅な夏休みを、
と計画したのは6月初めのこと。

c0351791_11130284.jpeg

 
 ここ連日の猛暑で、この期待は見事に裏切られた感もあるが、近年にない楽しい、有意義な2泊3日の夏休みを
過ごしてきました。
 この日、私が新幹線の長野駅に降り立ったのは正午すぎ。既に気温は34℃を越え、東京と全く変らない暑さ。バスに乗り換えて 戸隠神社に行く途中のパーキングエリアでは、ガイドさんの「39℃」という悲鳴にも似た声が聞える。 
 それでも戸隠神社・中社の、樹齢700年を超える御神木の下では、ヒンヤリと気持ちが良かった。
こうして私の夏休みは始まった。

c0351791_15582176.jpg
翌日は、白馬五竜で高原の散策をした後、黒部ダムへ。

 220段の階段を駆け上り、タワーから見渡すアルプスの山峰は、残雪もうっすら。
信州ならではの絶景。
c0351791_23121644.jpg
 眼下には水しぶきを上げる放流が豪快な音を轟かせている。
c0351791_07112319.jpg

ここまで誘ってくれた<関電トンネルトロリーバス>は今年で運行終了とか。
c0351791_23173343.jpg

自然と歴史を奏でる北アルプスの夏は、今年も外気以上に熱い。


 夕食後は1日目、ホテルロビーで、クラシックで笑顔を創る異色のジュオ「スギテツ」のコンサート。

2日目は中庭で、赤々と燃えるキャンプ・ファイアーを囲んで歌やダンスを楽しみ、その後は地元のグループによる壮大な白馬太鼓ショーと、花火(ナイヤガラ)で盛り上がる。

 実に多彩な催しに、演出方法も凝っていた。
      
c0351791_17221703.jpg

c0351791_17254472.jpg
c0351791_21175435.jpg


 高原の散策でも、高山植物が咲き乱れるなか、
リコーダーの「お花畑ストリートライブ」や、ホルンの演奏会など、
若者もシニアも楽しめるイベントが目白押し。

c0351791_17395635.jpg
c0351791_17425826.jpg
       
   ヒマラヤの標高4000mに自生する幻の花「青いケシ」も、白馬高山植物園で咲き誇り、
   幸せに花を添えてくれました。
c0351791_18145852.jpg


[PR]
by matyan753 | 2018-07-23 16:52 | 旅物語 | Comments(0)
<< 庭の花たち 四角な茎をもつ「大黒柱」の花が... >>