道南・函館を起点に、6月の風を感じる海峡の旅を楽しんで来ました。


 海峡に向かう前に、まず北海道ならではのサケのふるさと・「千歳水族館」を覗いて見ました。
ここでは千歳川に生息する魚たちを、源流から下流まで生息域ごとに紹介しており、通路は千歳川の川底をイメージして造られています。
 魚の分布状況は一目瞭然ですけれども、川底を歩いてわたるという何とも不思議な体験をし、面白い空間でした。

 サケの稚魚から成魚までサケの成長も見られます。
c0351791_08540035.jpg
               エイも泳いでいました
                
c0351791_08570675.jpg

   地球の丸さを実感できる大パノラマ(ガイドブックのうたい文句)地球岬へ
c0351791_09284383.jpg
     曇り空のため何も見えません。
  そこに、一羽の黒い鳥が何処からかやって来て、柵の上にふわり。 海燕? カラス?  まさに海峡のワンシーン。
  旅人のこころをくすぐるのでした。
           
c0351791_09035028.jpg

    次は立待岬へ。
            
  津軽海峡をはさんで下北・津軽半島を彼方に望む。
  歌手の森昌子さんも歌っていましたね。    
c0351791_09324008.jpg
c0351791_09333808.jpg
 
  足元にはハマナスと日光きすげの花が、心地よい風に揺れていました。   
        
c0351791_09440635.jpg

c0351791_09465207.jpg

 復路・新幹線が仙台を通過する辺りから、素晴らしい日没に出会いました。

c0351791_10132399.jpg
                
c0351791_10143209.jpg
はじめての北海道新幹線グランクラス乗車の旅でした。
    


[PR]
by matyan753 | 2018-06-17 09:47 | Comments(0)
<< 四角な茎をもつ「大黒柱」の花が... 紫陽花の季節に >>